幸運ドッグサロン

人気記事ランキング

ホーム > 雇用契約書 > 雇用契約書を破棄されたら

雇用契約書を破棄されたら

雇用契約書は企業と従業員との労働条件について記載された大切な契約書であり、企業側は簡単に破棄することはできません。労働基準法第109条に記載されている通り、少なくとも3年間は保存の義務が生じるのです。しかしながら、もしもその期間を待たずに破棄してしまった場合に備え、従業員側への控えとして雇用契約書のコピーを渡しておくと良いでしょう。従業員にとっても控えがあることは安心でき、この企業は信頼できると思わせる材料となるといっても過言ではありません。

従業員とのトラブルを回避できる雇用契約書のテンプレート販売